目の下のたるみと内臓疾患の関係とは? 目の下のたるみがある人が気を付けたほうがいい内臓

目の下のたるみと内臓疾患の関係とは? 目の下のたるみがある人が気を付けたほうがいい内臓

人間の体は60兆個の細胞で出来ています。
さの全細胞が常に24時間休みなく動き、
役目を終えて、新しい細胞が出来、
また生まれ変わっています。それが生命の営みです。

 

生命の営みである細胞の活動には代謝が付きもので
常に細胞は生まれ変わり、いらなくなった細胞は
老廃物となり、排出されます。 

 

常に排出される老廃物は腎臓を経由して
体の外に排出されます。

 

腎臓の働きが弱まってしまうと、
排出されるべき老廃物が
排出出来ずに体の中に残ってしまいます。

 

老廃物がたまることで体本来の動きが妨げられ、
臓器の疲れ、機能の衰え、
炎症がおこるようになります。

 

動物性脂肪の過剰な摂取、
体を冷やす陰性食品
(生野菜、砂糖類、バナナ、緑茶などカリウムを含む食材)
の取り過ぎは腎臓に負担をかけます。

 

腎臓に負担がかかっていると、

 

目の下のクマ、こりこりとした膨らみ、
垂れ下がったぶよぶよのふくらみ、

 

これらは今まで単に
肌トラブルと考えられていましたが、
腎臓に負担がかかっている表れとしてとらえられます。

 

また、情緒も不安定になり気味の状態となり、
内臓疾患と精神面との関係、
そして目の下のたるみの関係は

 

疲労した腎臓と密接な関係がある可能性があります。