目の下のたるみが招く肩コリ、腰痛、背中のはり

目の下のたるみが招く肩コリ、腰痛、背中のはり

 

目の下のたるみや、
顔のたるみについて特集していたテレビの健康番組で、

 

顔のたるみが原因で肩コリや
背中の痛み、腰の痛み、
ひいてはうつ病や精神疾患まで患ってしまう

 

という情報をやっていました。 

 

まぶたを持ち上げる筋肉を
ミュラー筋というのですが、

 

これが疲れていると
いつも筋肉が刺激されている状態となってしまいます。 

 

実はこのミュラー筋が、
交感神経のはたらきと密接に関係しているのです。

 

 

ミュラー筋が刺激されることで
緊張や覚醒をつかさどる交感神経が刺激され、
神経が常に緊張状態となり、

 

肩コリや背中のはり、
こわばりを引き起こしてしまうのです。

 

 

顔のたるみ、目の下のたるみをなくせば
ミュラー筋も緊張状態から解放され、
それに伴い前頭筋のこわばりも取れ、

 

いつも眉間にしわが寄っている状態だったものが改善され
締めつけられるような頭痛も、だんだん改善して行くという
研究結果が出ているということでした。

 

 

眉間にしわを寄せて怒ったり、
ストレスを感じているひとが

 

肩コリや首の痛みに悩まされているのは
そういった体の仕組みがあったんですね。

 

 

片頭痛や異様な肩こり、
慢性的な腰や背中のハリ、
痛みを抱えている人は、

 

痛みのある部分から目をすこし離して
目の下のたるみを治してみると
思わぬ効果があるのかも知れませんね。

 

>>目の下のたるみをとるアイクリーム